任意売却、住宅ローン債権、個人民事再生手続

リスクを伴う不動産投資[住宅ローン]

任意売却以外の方法

メインイメージ

任意売却、住宅ローン債権、個人民事再生手続

住宅ローンを滞納していると、郵便物や電話などで督促状が届きます。

突然差押えや競売にかけられることはないのですが、この状態まで来たということは、生活が立ち行かなくなってきたというシグナルです。

任意売却を含め、経済状況を立て直す具体的な計画を立てる必要があります。

一度通帳などを全部出してきて、支出の内容をしっかり検討しましょう。

現実的に、住宅ローンを保持したまま、不動産を維持できるかどうか、冷静に考えるときが来たということです。

間違えても、消費者金融などの利率が高額な借入を増やしてはいけません。

住宅を手放す場合、競売や差し押さえなどの最終手段に選択の余地なく転がっていくことのないよう、任意売却の可能性をさぐります。(お役立ちサイト)任意売却 住宅ローン

また、住宅を手放さずに、借金を整理する方法として、個人民事再生手続や、住宅ローン債権など、任意売却以外にも方法はまだあります。

任意売却と違い、個人民事再生手続は、元本を減額することができる点で優れています。

一方住宅ローン債権は、返済期間の延長が可能です。

このふたつの方法を取るためには、コストがかかります。

認定司法書士、弁護士などに払う費用が発生するためです。

栽培所に納付するだけでも20万円程度のお金がかかってきます。

また、失業、病気治療中などで、収入が見込めない状態の人には、支払を3年間続けるのは困難なのが現実でしょう。

余裕のある人ならば、さまざまな手立てがとれるものの、選択の余地がない状態だと、自己破産などの方法をとらざるをえないのが現状です。

リスクを伴う不動産投資[住宅ローン] Copyright (C) siamkatzen-von-melamar.com. All Rights Reserved.